BitShares系仮想通貨のメガホルダーにとってNinjaSoul Projectへの支援は費用対効果抜群な件

BitSharesプラットフォームの非分散型取引所OpenLedgerでは、仮想通貨の所有者情報、保有コインの種類と量という貴重な情報を知ることができます。仮想通貨に全力投資はObitsへの投資に参加しており、上記の情報を長い間ウォッチしていきました。

 

仮にBitShares系仮想通貨のメガホルダーというのを、時価総額で1000万円〜数億円程度の資産を保有している投資家と定義するとします。

仮想通貨市場全体が30倍〜数百倍に上昇したこともあり、先程定義したメガホルダーは数多く存在することは確実です。

 

保有している仮想通貨はさまざまですが、BTS, OBITS, ICOO, CADASTRAL, STEEMなどを保有しているケースがほとんどです。

 

日本の仮想通貨系ニュースサイトを通じてOBITSの販売キャンペーンが行われ、日本のメガホルダーが数多く誕生しました。

そのメガホルダーたちにとっての課題をリストアップしてみます。

  • Ethereum, Omni, Counterparty, WavesなどのICOプラットフォーム(アセットを作成できるプラットフォーム)に押され、BitSharesの知名度が低い
  • BitShares系仮想通貨のホルダーが少ない
  • 開発者が参加していないため対応コンテンツが少ない
  • BitSharesの情報を発信しているメディアが少ない

 

仮想通貨に全力投資もObitsの公開時点からBitSharesを応援しているため、これらの課題はとても耳の痛い話です。もっと盛り上がってくれたらいいのにと常に感じています。

ここで少し視点を変えて、アセットを作成可能なプラットフォームを比較してみます。

CoinMarketCapのAssetsランキングをプラットフォームごとに並び替えてキャプチャーを撮りました。BitSharesプラットフォームがどの位置にあるのか再認識することが出来ます。

 

アセットを作成可能なプラットフォームを徹底比較

 

まずはWaves系、最近日本でもWavesについて言及しているユーザが増えてきた印象です。

MobileGoは値段が上がって盛り上がりを感じます。

 

 

Nxt系仮想通貨はこちら。かなり初期の頃から提供している割に時価総額が高い通貨は少ないですね。

 

 

圧倒的なEthereum系。

 

 

CounterpartyはBitSharesとよく比較されます。

 

 

BitShares系。NinjaSoulはBitShares上に発行されたアセットです。

ペッグ系のコインを除くとOBITSやBitland, ICOOなど数えるほどしかありません。

 

 

これらの比較から分かる通り、日本でBitSharesプラットフォームの盛り上がりが見られないという大きな問題を抱えているということではないでしょうか。

 

NinjaSoul Projectへの支援は費用対効果抜群な件

 

NinjaSoul ProjectはBitShares系メガホルダーの救世主となる可能性を秘めています。

  • NinjaSoul Projectの情報発信によりBitSharesやOpenLedgerの知名度が上がる
  • NinjaSoul対応のサービスが公開されるとBTSのホルダーが増えることが予想される

 

NinjaSoul Projectをメディアパートナーとして支援しておりNinjaSoul自体の価値が上がって利益がでることが一番の理想ではあります。

見方を変えるとNinjaSoul ProjectはBitShares系仮想通貨の知名度向上や価値向上につながる活動でもあります。

自分で開発者・情報発信者を雇ってBitSharesプラットフォームを盛り上げる活動を行った場合の費用とNinjaSoul Projectを支援する費用と比べた場合、費用対効果がとても高いことは明らかです。

 

BitShares系仮想通貨のメガホルダーにとってNinjaSoul Projectは自分の資産の向上につながる活動と捉えることができるのではないでしょうか。

 

WEBと仮想通貨を紡ぐ『NinjaSoul Project』

 

NinjaSoul Projectは仮想通貨のコミュニティ支援、開発支援を目的に各方面のスキルを持ったメンバーとプロジェクトが参加し、WEBサービスに仮想通貨を融合したサービスの開発を行っていきます。

NinjaSoul Projectを支援すると、返礼品としてオリジナル仮想通貨NinjaSoulが付与されます。

 

BitSharesプラットフォームのオリジナル仮想通貨NinjaSoul

 

NinjaSoulはBitSharesプラットフォーム上で作成されたオリジナル仮想通貨(User-Issued Asset)です。発行時点から取引所に上場されており、分散型取引所OpenLedgerで取引を行うことが出来ます。

 

NinjaSoulは上場済みですぐに取引可能

 

分散型取引所OpenLedgerのアカウント登録方法

 

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『openledger.io』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒で登録できます。

 

openledger

OpenLedgerアカウント作成

 

NinjaSoulをお得に購入できるプロモーションコード

『bitcoinvestor』

 

NinjaSoulは第二回パブリックオファーを実施中です。NinjaSoulを入手したい方は、NinjaSoul Project公式サイトよりパブリックオファーへ参加できます。

プロモーションコード『bitcoinvestor』を入力すると購入額の10%がボーナスとして加算されます。

NinjaSoul第二回パブリックオファー

NinjaSoul Project公式サイト

 

 

bitcoinvestor.netでは今後発生が予想される金融危機の資金逃避先として、仮想通貨への投資を実践しています。

全力投資が注目している仮想通貨

BitShares, Steem, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZeny, NinjaSoul

仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です