【BitZeny投資情報】ビットコインなぜ再び…:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京【ZNY急騰の理由はWBSか?今後に期待】

昨日のWBSでビットコインの特集があったのですが私もちょうど見ていました。

・マネパがクラーケンに出資なのか

・寿司屋でも使えるようになったのか

・ギリシャ危機でビットコインが注目されてるな

そのくらいの印象でした。

 

さすがにモナコイン相場にもあまり影響なかったようなので、BitZenyには全く無風だったと思いますが、もしかすると今後BitZenyへの注目がアップしたりZNY相場に影響もあるかもしれません。

 

このような仮想通貨に対する世間の話題やトレンドには敏感になっておく必要があります。

日本で仮想通貨が本格的に普及するのは、FXや株に投資している個人投資家が参入してきた時だと思います。

 

FX大手のマネーパートナーズグループが、東証1部に上場する金融機関として初めて仮想通貨「ビットコイン」を取り扱う検討に入ったことがわかりました。ビットコインの取引所「クラーケン」を運営するアメリカのペイワード社と提携に向けた検討に入りました。去年、取引所大手のマウントゴックスが破たんし、信頼が大きく傷ついたビットコインですが、世界での取引は去年に比べ5割近く増えています。マイクロソフトをはじめ、国内外の大企業が利用するほか、関連ビジネスへの出資も活発です。実は、ビットコインを取り扱う店は日本国内でも急増しています。銀座のすし店「銀座沼津港」では4月からビットコインで決済できるシステムを導入し、板前にビットコインでチップを渡せるサービスも始めました。これを商機ととらえ、マネーパートナーズは今後、自社で発行するプリペイドカードにビットコインをチャージし、店舗で使えるようにすることも目指します。

情報源: ビットコインなぜ再び…:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

 

BitZenyおすすめサイト

 

BitZeny投銭Bot『ぜにぃ姫』

ZNYアドレスをtwitterと紐付けてBitZenyを簡単にやりとりできるサービス

SAMURAI BitZeny

BitZenyの情報を海外に発信

総額100万ZNYのデザインコンテスト開催中

投銭ch

暗号通貨 Monacoin BitZenyを投銭できる掲示板

c-cex

BitZenyに対応した仮想通貨取引所
現在のところBitZenyを取り扱っている唯一の取引所

Crypto-Currency Market Capitalizations

仮想通貨の時価総額や変動率をランキングで確認できるサイト

BitZeny長者番付

BitZeny保有数をアドレスごとにランキング
このランキングに乗ることが目標!

 

bitcoinvestor.netは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitZeny, MonaCoin, BitCoinなど仮想通貨に関する最新情報はこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です