【有名ブログはすごい金額に】Obitsを紹介している3つのブログが配当を受け取りました

キャンペーンコード付きでObitsを紹介しているブログは日本に3つ存在しています。

読者がキャンペーンコードを入力してObitsを購入した場合に、その5%が紹介しているブログに振り込まれます。

Obitsの購入者にも紹介者にもお得になるような仕組みになっていますね。

 

こちらがobits.ioのブログランキングで日本の3サイトが上位を占めています。

「仮想通貨に全力投資」のサイトは3番めの「The best investment in virtual currency」という名前で記載されていますが20人の方に購入いただいたことがわかります。

 

スクリーンショット 2016-03-09 15.18.10

 

紹介料が実際にいくら振り込まれたのか見てみましょう!

 

こちらはopenledger.infoの画面のキャプチャになります。

1位が12,874 obits

2位が12,257.2 obits

3位が2,605.35 obits

という結果になりました。

 

上位のObits紹介サイトは、十万円以上を獲得しています。

 

 

スクリーンショット 2016-03-09 15.16.27

 

予想よりもObitsを購入している方が多いこととがわかります。

BTSの値上がりにより、相対的にObitsの価格が上昇しています。

 

Obitsをまだ保有していない方は、当サイトのキャンペーンコードを入力してお得にObitsを入手することをおすすめします。

 

しばらくぶりの記事ですが、openledgerやobitsについてはレポートを続けようと思います。

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

【Obits投資情報】Obits時価総額がCoinMarketCapで10位にランクイン

ObitsがCoinMarketCapのアセット部門時価総額ランキング10位にランクインしました!

時価総額も314,160ドルと30万ドルを突破し勢いが出てきています。

プレセールの販売数はリリース当初より伸び悩んでいますが、価格が下落する方向に動くのか

販売のペースが落ちたまましばらく推移するのか、見守りたいと思います。

 

 

スクリーンショット 2015-12-09 14.59.35

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

人類最速!ShapeShiftを使ったBTS(BitShares)購入方法を完全レポート!PoloniexとOpenLedger, ShapeShift徹底比較

OpenLedgerの基軸通貨BTSを購入する方法をキャプチャ画像付きで説明します。

 

BitSharesは時価総額が上位にランキングしているものの、購入方法がわかりにくいため、購入したことがある人は少ないのではないでしょうか。

 

これまで3つの方法でBTSを購入したことがあります。

 

BTS購入方法(1):取引量が最大の『Poloniex』でBTSを購入

BTS購入方法(2):おなじみ『OpenLedger』内の取引所でBTSを購入

BTS購入方法(3):今日紹介する『ShapeShift』でBTSを購入

 

それぞれのBTS購入方法ともにメリットやデメリットがあり、どこがよくてどこがわるいというわけではないことをあらかじめ断っておきます。

 

BTS購入方法(1)の『Poloniex』での購入方法はこれまでどおりの仮想通貨の取引所ですので、BTSを購入するためにはBTCを入金する必要があります。預ける必要があるということでカウンターパーティリスクが存在します。

BTCの入金に一定時間必要なのと、BTSの引き出しに一定時間かかるため、最速というわけではありませんでした。

その分、取引量が多いため最安値で購入できる可能性が高いというメリットがあります。

 

BTS購入方法(2)の『OpenLedger』内の取引所でBTSを購入した時に感じたことは、少々面倒だということです。BTCをOpenBTCに替える必要があるので手間と手数料がかかります。

また、BTS/OpenBTSの取引量が少ないため若干不利なレートで取引することになりました。

全て『OpenLedger』内で完結し、BTSを引き出す必要がないというメリットがあります。

 

BTS購入方法(3)の『ShapeShift』を使ったBTS購入ですが、使ってみて驚いたのがBTSが届くまでのスピードです。購入から『OpenLedger』の自分のアカウントへ届くまでわずか数分でした。

これからBTS(BitShares)の購入方法をレポートしたいと思います。

 

BTS購入手順1:ShapeShiftでBTCとBTSを選択する

1-1:ShapeShiftへアクセス

 

ShapeShift

 

1-2:左側の支払い通貨・右側の受け取り通貨をポチッと選択

 

スクリーンショット 2015-12-08 18.41.24

 

1-3:左側の支払い通貨・右側の受け取り通貨をポチッと選択

 

右側の受け取り通貨のボックスに、『Your account name』とあるのでここに『OpenLedger』のアカウントを入力します。ついでに規約への同意のチェックボックスもクリックしておきます。

 

BTS購入手順2:BTCを支払う

 

2-1:BTCのDeposit Addressが表示されるので振り込みます

 

BTCアドレスがQRコードと文字列で表示されるので、手持ちのウォレットから振り込みましょう。

そのときの振込額が、『Deposit Limit』を超えないようにしましょう。また最低振込額を下回らないようにします。

 

スクリーンショット 2015-12-08 11.25.17

 

BTS購入手順3:ステータスを見ながら待つ

 

3-1:あとは待つだけなんです!

 

ステータス画面へのリンクが表示されるのでクリックすると以下の様な支払状況ページが表示されます。

このページは自動で更新されるので見ているだけで進捗具合がわかります。

今回の場合だとおよそ3分で自分のアカウントへ無事にBTSが振り込まれました。

 

 

スクリーンショット 2015-12-08 11.34.12

 

冒頭に書いた3つのBTS(BitShares)購入方法の中で最も早くBTSを手に入れることができました。

売りと買いにスプレッドを設けて、若干市場の最安値よりは高く購入することになりますが、そのあたりを気にしないで購入できる方にはおすすめです。

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

 

【画面キャプチャ有】Obitsの購入方法完全レポート!BTCの購入からObitsを受け取るまでを大公開

次世代取引所OpenLedgerの収益を獲得できるObitsを実際に購入してみます。

せっかくですので、手順ごとに画面キャプチャーを撮りながら説明します。

今回はプレセールでキャンペーンコードを入力してObitsを購入します!

 

Obits購入手順1:ビットコインの購入

1-1:zaif exchangeにさくっと振り込み

 

ビットコインの取引所はいくつもアカウントを持っていますが、手軽に購入できる『zaif exchange』を使います。

住信SBIネット銀行からzaifの口座へ振り込むと、日本円の入金が即時反映されます。

今回は12,000円振り込んでみました。

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.03.25

 

1-2:ビットコインを成り行きで購入

 

ポチッと成り行きで購入します。

今回は1BTC=48490円〜48480円で12,000円分買いました。

よくビットコインについて安い時に買おうとか、高いので買えないという話を聞くことがありますが、まったくきにせず、必要なときに必要な分だけ買うようにしています。

その前提になっているのが、円はいずれ暴落し価値を持たなくなるという考えを持っているためです。

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.07.04

 

Obits購入手順2:Obits公式サイトからプレセール予約

 

2-1:Obitsを購入予約する

 

ビットコインが買えたら、Obitsを予約しましょう。

こちらもまったくもって簡単です。

 

(1): 『OpenLedger』のアカウントを入力(アカウント開設はここから10秒で出来ます)

(2): 購入したいBTCの金額を入力(今回は0.12BTCにしました)

(3): キャンペーンコード『sig』を入力(これで+50obitsお得に買うことが出来ます)

(4): メールアドレス

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.16.11

 

ポチッとNEXTボタンを押すと!

購入予約が完了しました。

表示されているBTCアドレスをコピペします

 

2-2:プレセール支払情報をメモる

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.16.21

 

Obits購入手順3:ビットコインを振り込み

 

3-1:ビットコインを送金

 

コピペしたビットコインのアドレスにzaif exchangeから振り込みます

出金アドレスにペーストして、金額を0.12と入力します。

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.22.28

 

出金ボタンで完了です。

 

 

3-2:出金状況を確認

 

出金状況が心配な方は、トランザクションIDからblockchain.infoなどブロックチェーンを確認できるサイトで確認しましょう。

 

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.22.43

トランザクションIDをつけてblockchain.infoで確認

blockchain.info

 

Obits購入手順4:Obitsが振り込まれるのを待つ

 

4-1:OpenLedgerの自分のアカウントを確認する

 

あとはobitsアカウントから今回入力したbitcoinvestor-regアカウントへ振り込まれるのを待つのみです。

OpenLedgerの自分のアカウント情報を表示してみましょう。

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.32.05

 

Obitsは入金確認されて手動で送っているようです。

これまで何度か購入した経験から、数時間以内には届くと思います。

Obitsが届き次第、キャプチャ更新します!

 

[追記]:

20分ほどで無事に届きました!

『ommo arrigato』というメッセージ付きでした(笑)

50obitsのボーナスについてもちゃんと加算されてます

 

スクリーンショット 2015-12-07 17.58.07

 

今回の記事で仮想通貨の売買はとっても簡単なことがわかったかと思います。

難しいという印象が先行している仮想通貨の世界を少しでも身近に感じていただけたら幸いです。

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

 

【Obits情報】CoinMarketCapのアセット部門11位にランクイン!【時価総額26万ドル突破】

coinmarketcapというサイトはおそらく仮想通貨に携わるほとんどの方が見たことがあると思います。

coinmarketcapにアセット部門というものがあります。

このアセット部門は私も先日までその存在を知らずにいました。

 

http://coinmarketcap.com/assets/

 

有名どころでは『Counterparty』プラットフォームの『GetGems』や『NuBits』プラットフォームの『NuShares』がランクインしています。

そのランキングにまだ登場間もない『Obits』が時価総額26万ドルで11位にランクインしました!!

 

発行量と現在の価格で、時価総額を計算しています。

『Obits』は、買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)の仕組みで発行量は増えずに反対に総発行量が減少します。

『Obits』の買い戻しの原資である分散型取引所『OpenLedger』の収益がある限り、価格が上昇する見込みです。

『Obits』は継続的に価値の向上が見込める通貨です。

これが仮想通貨に全力投資ブログが『Obits』への投資を行っている理由でもあります。

 

スクリーンショット 2015-12-07 10.13.15

coinmarketcap.com

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

【Obitsのプレセール78%で伸び悩み】もしかしてプレセール最初の価格設定が高過ぎなのか?【Obits投資情報】

『仮想通貨に全力投資』ブログは仮想通貨への投資によってリターンを追求しています。

特定の仮想通貨に思い入れがあるから。という理由で投資を行わないようにしています。

 

OpenLedger』というプラットフォームは先進的で既存の取引所をリプレイスする可能性があるのは確かです。

『Obits』は発行量の70%がプレセールで販売予定です。

総発行量が18,276,898OBITSで、その70%は12793828.6OBITSが販売されることになります。

現在の価格である23.10BTS(0.0779522ドル)で計算すると・・・

12793828.6OBITS * 0.0779522ドル = 997,307ドルになります。

 

100万ドルをプレセールで集めようとしているわけですからなかなか販売数が伸びないのもわかります。

 

Obitsのプレセールはまだ始まったばかりです。

分散型取引所『OpenLedger』の収益をシェアできるObitsは今後徐々に認知度が上がり、販売価格が値上がりしていくことが予想されます。

値上がりすると予想して今買うべきか、値段が下がったタイミングで買う方が良いのか、今後も情報を掲載したいと思います。

 

スクリーンショット 2015-12-06 21.19.23

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

ゴールドマン・サックス、トレード用に仮想通貨「SETLcoin」採用 | ZUU online

SETLcoinの情報はまだ仕入れてなかった。

仮想通貨の今後のトレンドは、分散型と有価証券・現金との交換に利用できるかどうか。

BitSharesが先行できるかどうかもそのあたりにかかっているのかもしれない。

 仮想通貨に採用されているブロックチェーン・テクノロジーに、いち早く注目。4月には米ビットコイン・サービス会社サークルに50億ドル(約61億 7375万円)を投じるなど積極的な動きを見せていた米ゴールドマン・サックスは11月、「分散型、P2P、クリプト・テクノロジーを利用して金融市場のセキュリティー強化を図る」目的で、合衆国特許商標庁(USPTO)に仮想通貨「SETLcoin」の採用を申請した。 「SETLcoin」は投資家やトレーダー向けのデジタル・ウォレットに採用され、P2Pネットワークを通して資産や有価証券、現金への交換に利用可能になる予定だ。

情報源: ゴールドマン・サックス、トレード用に仮想通貨「SETLcoin」採用 | ZUU online

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

BTS(BitShares)のマーケットシェア徹底分析!Poloniexが圧倒的シェアを維持するもCCEDKが追い上げる

今日はBTS(BitShares)のマーケットシェアを分析してみます。

次世代分散型取引所『OpenLedger』の基軸通貨はBTSですが、そのBTS自体が認知度や取引環境の面でまだ一般的ではありません。

 

BTSは一体どこで取引されているのでしょうか?マーケットシェアを以下に掲載します。

1位がPoloniexという取引所で90%以上がここで取引されています。

2位が『OpenLedger』を提供しているCCEDKになります。Obitsのリリースで最近BTSの取引量が増えてきているようです。

 

スクリーンショット 2015-12-04 20.52.29

 

OpenLedger』はオンラインウォレットを兼ねた分散型取引所であるため、BTCをデポジットしてBTSを取引することが出来ます。

BTSは時価総額こそ8位と高いものの、取引できる場所が限られていますね。今後普及していくためには日常でBTSを使う状況が生まれることを期待します。

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

Obitsの取引対象ペアが増えました!OBITS:BTSから更にOBITS:BTC, OBITS:CNY, OBITS:USDが追加

OpenLedgerの基軸通貨はBitShares(BTS)です。

BitSharesプラットフォームはBTSが基軸通貨となります。

取引所オーナーアセットOBITSも基本的にはOBITS:BTSの通貨ペアで取引されます。

本日2015/12/04に、OBITS:BTS以外にもBitUSD, BitEUR, BitCNY, XRPとの通貨ペアが追加されたとアナウンスがありました。

 

スクリーンショット 2015-12-04 22.09.01

 

OpenLedger』のトレード画面でOBITS通貨ペアを検索したところ既に4つのペアが追加されていました。

OBITS:BTS以外は取引量・売り板買い板が極端に少ないため、取引は避けたほうがいいでしょう。

 

OpenLedger』の基軸通貨でもあるBTSはどうやって手に入れるのでしょうか?

次回以降、BTSの入手方法を解説予定です。

 

スクリーンショット 2015-12-04 22.07.12

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

【obits投資戦略】分散型取引所のオーナーになれる仮想通貨obitsの投資戦略を考える

obitsを知らない人のための1分まとめ

OpenLedgerとは分散型取引所(DAC)のことでBitSharesプラットフォーム上に構築されています。

ObitsとはOpenLedgerの利益の100%をシェアできるアセットです。

OpenLedgerの利益でObitsを買い上げ(BuyBack)を行い、買い上げたObitsを燃焼(Burning)することで将来に渡り継続的にObitsの価値の向上が見込めます。

 

 

そんなObitsですが、今日は投資戦略について考えてみます。

まずはOpenLedgerの取引画面でOBITS/BTSのチャートを見てみましょう!

(OpenLedgerのアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』こちらから登録できます)

 

OpenLedger(OBITS/BTS)チャート

 

スクリーンショット 2015-12-03 17.27.01

 

OpenLedgerとObitsがローンチされて間もないということもあり、1Obits=15BTSあたりから25BTSあたりまで継続的に値上がりしていることがわかります。

 

みていただきたいのが、青く囲んだところです。

何度か大きめな売り注文が発生していることがわかります。

大口保有者はまだ多くはないためどのような売りかはわかりませんが、まとめ売りがあるというととは、Obitsを安く購入できるチャンスととらえることができます。

 

Obits投資戦略は以下のとおりです。

 

Obitsは現在プレセール中のため大口で購入する場合はObits公式サイト内で購入する。

少しでも安く買いたい場合はBTSをOpenLedgerにDepositして1OBITS=20BTSのレートに買い注文をいれる。

価格が一方的に上昇するフェーズでは買い注文が約定しないケースも有りますが、一考の価値はあるのではないでしょうか。

 

OpenLedgerとObits情報

 

分散型取引所OpenLedgerのオーナーになれるObitsのプレセールは始まったばかりです。

OpenLedgerの全利益での買い戻し(BuyBack)と燃焼(Burning)により継続的に価値の向上が見込めます。

Obitsをお得に購入する方法やOpenLedger・BitSharesについて徹底解説した記事はこちら

728-90_custom

プロモーションコード『sig』でObitsをお得に購入する

BitShares, OpenLedgerアカウントをお持ちの方はプロモーションコード『sig』を入力

購入額にプラスして50obitsのボーナスをもらおう!(500obits以上の購入が必要です)

970-250

オンラインウォレットOpenLedgerアカウント作成

OpenLedgerアカウントをお持ちでない方は『bitshares.openledger.info』で作成します。

記号や数字を含めたアカウント名とパスワードを入力するだけわずか10秒です。

openledger

 

bitcoinvestor.netでは金融危機の資金逃避先として仮想通貨投資を実践しています。

BitShares, OpenLedger, Obits, BitZeny, MonaCoin, BitCoin, BitZenyなど仮想通貨に関する話題はこちらから

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

 

 

1 2 3 5